7月2週のお稽古
今日は大先生の指示で、花月の稽古の前に一人点前のお稽古をすませ、そのあとに花月の稽古を行うことになった。花月のときには、(足りない人員を補うために)下からだれかを2階に送り込むから、と大先生。

そして、あなたは何をやるの?と聞かれたので、先週は茶碗荘りを見ていただきましたので。。。と答えると、もう一回やる?それとも進む?とさらに聞かれたので、えーっとじゃ、進みます、とお答えすると「じゃ、貴人点前やりなさい!すぐ支度して!」

茶杓荘りか茶筅荘りをやるものと思って予習したのだが、貴人点てとは!

2階に上がり、k先生のご指導で貴人点て濃茶点前のお稽古。

お菓子は高坏にのせ、持ち出す。高坏は懐紙を折って載せその上にお菓子を置く。懐紙の折り方も教わった。二つ折りした懐紙を斜めにずらすのだが、右側が出るようにずらす。左側に出すと仏事になる。
(私は以前着物の襟の打ち合わせと同じと習ったがちがうみたい・・・)

高坏は右手で足のところをもち、左手で盤のところを持つ。ご貴人の前でいったん置き、盤のを持っていた左手は盤の下に添え直し、お出しする。左、右と下がって一膝よけて下がる。茶道口でお菓子をどうぞ、と御挨拶、ふすまを閉める。

貴人台と茶碗の扱いはほぼ覚えていたのだが、拝見の段になって、茶杓と仕覆の取り方、出し方が違っていた。茶杓は仕覆の上に載せてお出しするのだった。

以下、テキスト本より転記。

「右手で仕覆を取り左掌にのせ、右手で茶杓を取り、仕覆の上に手なりに置き、左手の親指で茶杓を軽く押さえて客付きに回り、茶杓と仕覆を一緒に持って茶入れの右側に出します。」

仕覆の上に茶杓がやや斜めに載っている形だが、仕覆を畳の目どおりにまっすぐに置く。従って茶杓は斜めのままの形で良いそうだ。
これが薄茶の貴人点てになると、仕覆がないので、帛紗の上に載せるでしょ、とk先生。
そ、そうでしたっけ??

確かに、先のテキスト本を見ると、薄茶点前の拝見時は、棗をふいた帛紗をそのまま左掌にのせて居前に戻り、茶杓を載せて客付きに回って出す、とある。なるほどー。

このように茶杓をかならず帛紗や仕覆などのおざぶとんに載せるということは、貴人点てのときの茶杓は良いものを使うということなんだろうか。なぜ載せて出すかその理由はどこにも書いてない。貴人点てのときは、掛け物から始まって花入れ、茶碗、貴人台、薄茶器、茶杓など、新しいものを用いるのが良いと書いてある。貴人台は白木のものだが、ご貴人をお迎えするたび、この白木の台も真新しいものを用意するのだ。
贅沢なものだなぁ・・・。

花月の稽古はBグループの先輩弟子さんがお二人加わってくださったので大変スムーズにお稽古が進んだ。
私の亭主役も少しは慣れてきたか。
お稽古なので、取る札も決まっている。私はまず月を引いてお茶をいただいたあとは役札は一切取らない。つまりお点前はしないのだ。4客の席に座っているので、最後に折据を点前座にいる仕舞い花の人のところまで持って行き、それをまた回収するという仕事もある。

ところで、最近、建水に柄杓を載せて運び出すとき、柄杓を落としそうになることがよくある。昔はほとんどそんなことは無かったのに!手が震えているのか、腕が曲がっているのか、体が曲がっているのか。とにかく柄杓を落とすなんて最低と若い頃は思っていたのでいざ自分がそうなると情けなくて仕方がない。
k先生は、本番で落とすのはまずいので、人差し指と中指で柄杓を挟むようにして建水を持ちなさい、と教えてくださった。たしかにそうすると絶対に落ちない。が、私にするとそれは邪道のような気がしてならないのだ。
家で柄杓と建水を買って練習するかなぁ。。。
[PR]
by minaho_s | 2010-07-10 17:46
<< 今日は韓国風 緑 >>